言語漬け(イマージョン)の言語学習:言語を学ぶ最高のメソッド

Posted: 9月 24 2021

Immersion-JP

何よりもまず、言語漬け学習っていったい何?言語漬け学習とは、一番本物に近くて自然な方法で言語を学ぶこと。学習中の言語で生活のあらゆる側面を体験できるから、最高にいい学習方法なんだ。 

言語漬け

言語学習の専門家に聞いたら、言語漬けは言語学習の聖杯だって答えると思うよ。成功へのカギだってことさ。「さぁ、今すぐ飛び込んで言語にどっぷり浸ろう!」 簡単そうに聞こえるよね?

 

でも、必ずしもそうじゃないんだ。理由の一つとして、今現在、外国に行って本場の言語や文化を実際に体験することはできないから、完全な言語漬けの学習は不可能だってこと。(コロナよ、君のおかげだよ)。それに、言語を学ぼうとした時に、大量のポッドキャスト、アプリ、YouTube動画、本という選択肢が目の前に表れて、言語漬けといってもどこから始めればいいかわからず、便利なコンセプトというよりもむしろ悩みの種になってしまうこと。 

 

Memriseおすすめの言語漬けになるコツ(とその時にやってはいけないこと!)を紹介してるから読み進んでみてね!

 

効率よく言語漬けになる方法

 

Memriseでは、言語漬けの学習とは、最も自然な方法で言語を学ぶことだと考えてるよ。それは実際には、その言語が話されている国に住むことを意味したりするよね。でも、今はそれはできないから、言語漬けになる別の方法を見つけなきゃね。たとえば、自分が学んでいる言語を通して世界と対話することも言語漬けと考えていいよね。 

 

言語漬け学習のメリットとは?

 

言語漬けで学ぶことのメリットはいくつかあるよ。新しい言語を学ぶときは、ネイティブと交流して、新しい単語や文脈を加えて理解することで、常に言語力を高めていくことができるよ。言語にどっぷり浸れば、ネイティブの言葉やいろんな文脈に触れているから(Memriseみたいに!)、実際に使われているリアルな言語に触れられるよ。

 

イマージョン vs サブマージョン:イマージョンの方が、サブマージョンに比べてはるかに優れた学習法だよ。イマージョンで言語に浸ると、言語や文化を学ぶ上でのツールやコツ、ヒントが支えになってくれるけど、サブマージョンの場合、リソースやサポートが一切ない状態で何もわからない環境に放り込まれるような感じなんだ。 

ツール

やってはいけない言語漬けの方法

 

実は、初めて言語を学ぶ人がやってはいけない言語漬けの方法があるって知ってた?

 

  • 複雑な小説で文法をいきなり学ぶこと

 

理論上は、外国語で小説を読むのは言語漬けにぴったりだと思えるかもしれない。でも、子ども用の絵本じゃない限り、過去形の長くて回りくどいフレーズや複雑な単語に遭遇すること間違いなし。これなら、どんなに熱心な言語学習者でも萎えちゃう。 

つまらない本

実際、とある研究では、早い段階で文法(どのように単語と文章が構成されているかの理論的な説明など)を学ぶのはかえって学びのスピードを下げると言われているんだ。文法のテキストは絶対に使うな!と言ってるわけではないけど、言語学習のビギナーが単語や文法に触れるもっといい方法があるよ。 

 

  • デバイスを外国語に設定する

 

最後まで読んでね。学んでいる外国語にすでに馴染みがあるなら、この方法はその言語にさらに慣れるためにいいステップかもしれないよね。でも、まだ学び始めたばかりという人は、“este accesorio puede no ser compatible”という表示が出ても、理解するのにひと苦労でかえって時間の無駄になっちゃう(ちなみに、「新しい充電器が必要」って意味)。 

 

別の言い方をすると、スマホやPCの言語設定を変えることに反対しているわけではなくて、時間の無駄になったり、不必要に日々の作業が複雑になったりすることに反対なだけなんだ。完全なデジタル言語漬けを体験したいなら、好きなトピックに関するブログやポッドキャストを見つけて、そこで言語を楽しく学んでみたら? 

 

  • 自分の興味を無視する

 

上に書いたこととつながるけど、母国語でも興味のある分野を無視しないで!料理、スターウォーズ、重量挙げ、毎日のスキンケアとか、いろいろあるよね。好きな分野があるなら、外国語でも探してみて。すでに馴染みのあるトピックなら、飽きる可能性もぐっと減るよね。本当に好きな内容にどっぷり浸ることをおすすめするよ。

 

言語漬けのコツを5つ紹介

 

  • 興味のある分野を無視しない

 

わかってる。1秒前にも同じこと言ったよね。でも、それだけ大事なことなの!興味のない内容に浸っていても、やる気は絶対に起きない。もともと経済に興味がないなら、フランス経済のオンライン雑誌を無理に読む必要はないよ!新しいトピックは、言語の基礎をしっかり自分のものにしてから学ぼうね。 

 

  • 自分より少し上の言語レベルのコンテンツに囲まれる

 

もちろん、コロナがなかったら、好きな国に行って思いきりたくさんのことを体験してほしい。今はそれができないけど、まぁいいよ。Memriseなら、何千本というネイティブの動画を用意してるよ。

 

gracias

 

 

「ネイティブと学習」機能は、お目当ての言語の国にまるで住んでいるかのような体験を再現して、マスターしたい言語で一瞬にして言語漬けになれるように作られているんだ。まさにその国で遭遇するような状況で、現地の人が生きた言語を話している動画クリップが何千本と用意されてるんだ。動画を通して、スペイン(または日本、フランス、ロシア、ドイツ、そして言語と文化!)をそのまま君にお届けするような感じを想像してもらえるといいかな。飛行機に乗って、現地に行くのと同じくらいすごいこと!ソファに座りながら言語学習にどっぷり浸れるよ。 

 

  • さぁ、体を動かしていこう!(そして気持ちもね):


新たに言語を学ぶ時、しぐさ、ボディランゲージ、文脈も含めて言語漬けになることが大事になってくるんだ。言語ってただ単語が連なっているだけじゃないよね。ブログにしては深いって?でも、言語学習の核としてあるのは、相手とつながって、より深く理解するために、ボディランゲージに大きく依存しているってことなんだ。もちろん、今はソーシャルディスタンス中。でも状況が安全になったら、相手を理解する時にジェスチャーに注目するのはとても大事だよ。 

 

感情も同じことが言えるよ。言語漬けになる時、感情にも注目してみてね!人間はもともと感情的な生き物。人はロボットじゃない(とりあえず今はね!)し、実際のところ、言語を学ぶ根底にある理由はみんな同じ。それは、人や文化ともっと深くつながって、相手をより深く理解して、自分のことも理解してもらうため。言語漬けなら、脳ではなくて心と心で交流するからとてもいい。相手の表情や声のトーンに意識を向けることも、相手を理解する上でマストだよね。 

 

  • 言語の「痛点」を認識する

 

完全に言語漬けで学んでいる時、難しい単語やフレーズに必ず遭遇して、難易度が上がる時があるよね。ポジティブに考えると、言語それぞれに独特な特徴があるからこそ、言語って美しいよね。でも、現実の世界で単語を間違えちゃうともどかしいよね。 

 

たとえば、母国語と外国語で頭が混乱しちゃったりする時もある。たとえば、君がフランス語を学んでいるとして、空似言葉(語形が似ているけど意味が異なる言葉)に出くわすことがあるかもしれない。または、同じ言語でも、メキシコのスペイン語とスペインのカスティーヤ語で使い方が違うかもしれない。こういったことで間違えてしまっても、人生が終わるわけじゃない。でも、言語漬け中に意識してみるのはいいかもね。 

 

  • 練習は少しずつを頻繁に

 

言語漬けで学ぶ時に抑えてほしい最後のポイントは、少しずつ頻繁に練習すること。短いセッションを繰り返すことで、最終的に大きな成果につながるんだ。もう知ってるかもしれないけど、言語学習は短距離走じゃなくてマラソンだよ。知ってた?Memriseなら、毎日の目標と学習リマインダが設定できるから、やる気を維持できるんだよ!さらに、役立つオンラインのリソースや言語漬けのための学習ソフトウェアがたくさんあるよ(Memriseとかね👀)。 



まとめると、言語漬けで言語を学ぶことで、人や文化と直接つながれるんだ。Memriseで言語を学ぶと、海外に住んだり旅したりした時に体験する豊かさ、楽しさ、多様性、美しさを味わえるように設計されてるよ。Memriseは言語漬け用の学習アプリ。君にもぜひこのアプリで言語を学び始めてほしいね。言語学習に関する情報をもっと詳しく知りたかったら、言語学習のHPにアクセスするか

学習を今すぐ始めよう