英語の挨拶ガイド

英語の挨拶ガイド

英語での挨拶の仕方をすべて紹介。 シンプルなフレーズで、好印象を与える方法を教えるよ。
12月 17 2021

英語を学び 始めてまず知りたいものの1つが、挨拶だよね。学び始めにはぴったり。初対面の人との会話や、友達との会話の第一声にいう言葉だよね。

英語でのいろんな挨拶の仕方について、このまま読み進めていってね。もしかしたら疑問に思ってること、あるかもね。「これってかしこまった挨拶なの?」とか。年上の人には違う挨拶の仕方をするのかって?

じゃあ、いってみようか!

こんにちは!初対面の人との挨拶

初対面の人の前では、いい印象を残したいよね。温かみのある挨拶なんて、いいかもね。英語での挨拶をいくつか紹介するね。

Hello! -こんにちは!

これは相手が誰であっても使える基本中の基本の挨拶。

 

Hi! - やぁ!

これば「Hello!」より少しくだけた省略版。カジュアルな感じで話せば、知り合い、同僚、パーティで会った見知らぬ人にも、親しみやすい印象を与えられるよ。

Memriseのアプリではネイティブスピーカーがこんな感じで言ってくれるよ。

HubSpot Video

Hi! - おはよう!

 

Good morning!  - こんにちは

朝の挨拶に使ってみてね。誰との挨拶でも使えるよ…お昼の12時前だったらね!

 

Morning! -おはよう!

「おはようございます!」を省略した、カジュアルな挨拶。これを使う時は、 実は「いい朝(good morning)なんです」っていう意味合いを込めて、温かみのある言い方で言ってみてね。

Memriseのアプリではネイティブスピーカーがこんな感じで言ってくれるよ。

HubSpot Video

Morning! -おはよう!

 

Good Afternoon -こんにちは

お昼の12時になったら、別のフレーズに切り替えてね。「Good morning!」と同じように、「Afternoon!」みたいなカジュアルな挨拶の仕方もあるよ(「Morning!」と同じような意気込みで言ってね)。

 

Good Evening -こんばんは

多分わかったと思うけど、「Good evening」は夜に使う挨拶だよ。さっきと同様、「Evening!」と省略してくだけた感じでも使えるよ。

ビギナーなら、時間ごとに挨拶が変わるのは混乱するかもしれないよね。その場合は、「Hello!」や「Hi!」でもいいよ。

 

Come in - いらっしゃい

これは、家や自分がいる場所に誰かを招き入れる時に、ドアをノックされたら使うフレーズだよ。普通は、「hello」と言ってから「come in」を使うよ。

ビジネスでの英語の挨拶

これまで紹介したフォーマルな挨拶なら、ビジネスの場でも使えるよ。もっとカジュアルに挨拶したい同僚やお客さんもいるかもしれないけど、相手をよく知らない場合は、念のため常にフォーマルな挨拶をする方がいいかもね。

 

スラング英語での挨拶

他の言語同様、カジュアルな英語の挨拶もあるよ。友達や家族など、気楽に付き合える人に使ってみてね。

 

「Hello!」の代わりにこのスラングを試してみてね。

  • Hey! (イギリスまたはアメリカ)
  • You alright? (イギリス)
  • What’s up? (アメリカ)

アメリカ人が言うと、こんな感じだよ。

HubSpot Video

What’s up? - 元気してる?

 

Bye! 別れを告げる時に使うフレーズ

英語で別れを告げる時は、親しみを込めて明るく別れたいものだよね。英語の他の挨拶同様、さようならの言い方はいくつかあるんだ。

 

Goodbye! - さようなら!

これは一番基本で一般的なフレーズで、1日の内のどの時間でも、誰とでも使えるよ。

 

Bye! -じゃあね!

これも「Goobye!」と同じだけど、よりカジュアルな言い方。友達や同僚だけじゃなくて、誰にでも使えるよ。

Memriseのアプリではネイティブスピーカーがこんな感じで言ってくれるよ。

HubSpot Video

Bye! - じゃあね!

See you soon! - また会おうね!

これもお別れのフレーズだけど、友達や家族など、頻繁に会う人に対して使うよ。その人にまた会いたい気持ちを表すから、より親しみが込もってるね。

 

See you later! - また後でね!

これは「See you soon」の別の言い方で、いつでも使えるよ。

Memriseのアプリではネイティブスピーカーがこんな感じで言ってくれるよ。

HubSpot Video

See you later! - また後でね!

 

See ya!  - じゃあね!

これは「See you soon!」のカジュアルな言い方だよ。友達や家族に対してのみ使うよ。

 

Take care - 元気でね

英語では、これを温かい愛情の表現として別れを告げる時に使うよ。気をつけて、また会うまで元気でいてね、ってことだね。

HubSpot Video

Take care - 元気でね

 

Have a nice day - よい1日を

「Take care」と同じように、別れを告げる時に「Goodbye」と同じように使う表現だよ。「Have a good day」とも言うね。

Memriseのアプリではネイティブスピーカーがこんな感じで言ってくれるよ。

HubSpot Video

Have a nice day - よい1日を

 

Goodnight - おやすみなさい

夜(午後7時以降)に誰かに別れを告げる時に言ってみてね。よく使われるフレーズで、誰に対しても使えるよ。

 

Night! - おやすみ!

これは「Goodnight」の省略形で、知り合いに対して親しみを込めて使うよ。

英語を学ぶ気になってきた? 早速Memriseの英語コースで始めてみよう!

学習を始める

 

丁寧な言葉遣いが必要な時に使う英語フレーズ

英語でも丁寧語の種類はたくさんあるよ。一番よく使われるものをいくつか紹介するね。

Thank you - ありがとう

これは、英語の丁寧な表現として最も重要なフレーズの一つだよ。食事を作ってもらったり、お金を貸してもらったり、大小問わず相手にしてもらったことに対して、感謝の気持ちを伝える時に使うよ。プライベートとビジネスの両方の場面で使えるよ。

 

Thanks! - ありがと!

これは「Thank you」と同じだけど、もう少し速く言いたい時に使えるよ。コーヒーを出してもらったり、ドアを開けてもらったり、ちょっとした事に対して使ってみてね。

Memriseのアプリではネイティブスピーカーがこんな感じで言ってくれるよ。

 

HubSpot Video

Thanks! - ありがと!

 

Cheers! - どうも!

英語を学んでいると、これは混乱するかもね。一般的には、乾杯する時に使う英語のフレーズなんだけど、イギリス英語では「ありがとう」の意味でも使ったりするんだ。だから、イギリスでこのフレーズをたくさん聞いても驚かないでね。慣れてきたら、ぜひ試してみてね。現地の人みたいな表現ができるよ!まずは知り合いから試してみるといいかもね。

 

You’re welcome - どういたしまして
誰かに「Thank you」と言われたときに、こう返してみてね。

Memriseのアプリではネイティブスピーカーがこんな感じで言ってくれるよ。

HubSpot Video

You’re welcome - どういたしまして

 

No problem - お安いご用よ

これは「You’re welcome」や「With pleasure(喜んで)」の別の言い方で、よりくだけた表現だよ。

Memriseのアプリではネイティブスピーカーがこんな感じで言ってくれるよ。

HubSpot Video

No problem - お安いご用よ

英語でお祝い:クリスマス、新年、記念日や誕生日の挨拶

一年を通して大切な日に誰かとお祝いをする時、便利な英語のフレーズがあるよ。

 

Happy birthday! - お誕生日おめでとう!

誰かの誕生日に、英語でお祝いの言葉を送ろう。しかも、誕生日ケーキをカットする直前に歌う バースデーソングを歌う時に唯一覚えておけばいいフレーズだよ。

 

Happy anniversary! - 記念日おめでとう!

大切な記念日を迎えた人に、お祝いの気持ちを込めて「記念日おめでとう」と英語で言ってみよう。このフレーズは、カップルの記念日や結婚記念日によく使われるけど、勤続年数のお祝いなど、他のおめでたい記念日にも使えるよ。

 

Merry Christmas! -メリークリスマス!

英語でクリスマスに使われるお祝いのフレーズで、楽しい時間を過ごしてほしいという願いを込めた表現だよ。同じように「Happy Christmas」と言ってもいいし、ホリデーシーズン中いつでも使えるよ。「Happy holidays」と似ているけど、よりキリスト教の信仰に特化した言葉だね。あと、「Father Christmas」なんていうのもあって、これは英語でサンタクロースや聖ニコラスを表す別の言い方なんだ。

Memriseのアプリではネイティブスピーカーがこんな感じで言ってくれるよ

HubSpot Video

Merry Christmas! - メリークリスマス!

 

Happy Holidays! - 楽しい休暇をお過ごしください!

「Merry Christmas」に似ているけど、他の文化や伝統を受け入れるアメリカでホリデーシーズンに多く使われる挨拶なんだ。

Memriseのアプリではネイティブスピーカーがこんな感じで言ってくれるよ。

HubSpot Video

Happy Holidays! - 楽しい休暇をお過ごしください!

 

Happy New Year! - あけましておめでとう!

大晦日や元旦に英語で新年の挨拶をするのはとても簡単。「Happy New Year!」と言えばいいだけさ。

Memriseのアプリではネイティブスピーカーがこんな感じで言ってくれるよ。

HubSpot Video

Happy New Year! -あけましておめでとう!

お悔やみや応援の気持ちを伝える英語フレーズ

誰かが良い経験や悪い経験をしたときに、その人を応援したいと思ったら、こんな言葉をかけるといいよ。

 

Best wishes - 幸運を祈ります

「Best wishes」はいろんな場面で使えるよ。一般的には、結婚式や新しい仕事を始めるときなど、人生の大事な場面で使われるんだ。あとは、メールの締めの挨拶にも使えるフレーズだよ。プライベートとビジネスの場面、両方で使えるよ。

 

Good luck -頑張ってね
新しいことに挑戦する時、再出発する時、試合に参加する時などに、英語では「Good luck」を使うよ。「Good luck」は時々、ある事がいかに不可能かを表現するために、皮肉を込めて使われることがあるよ。「Good luck trying to do that impossible task!(その無理難題な業務、せいぜい頑張って!)」みたいにね。英語を勉強している間は、自分では皮肉っぽく使わない方がいいかもしれないけど、誰かが皮肉っぽく使っているときには注意してね。

 

I’m sorry - ごめんなさい

「I’m sorry」は2つの場面で使えるよ。

1つ目は、誰かが悲惨な体験をしたときに、お悔やみの言葉を英語で伝えたい時。

2つ目は、より一般的なシナリオで、謝りたい時。間違えをしてしまった時や、道端で誰かとぶつかってしまった時に使えるよ。自分に非がない場合でも、ネイティブスピーカーは「I'm sorry」と言って、それが事故で、相手を傷つける意図はなかったことを示したりするよ。

Memriseのアプリではネイティブスピーカーがこんな感じで言ってくれるよ。

HubSpot Video

I’m sorry - ごめんなさい

 

こんな感じで、1日、1年を最初から最後まで乗り切るために必要な英語のキーフレーズを全部紹介したよ。これらの挨拶やフレーズを覚えて練習すれば、英語圏の人と会話を始められるだけじゃなくて、相手にも好印象を与えられるよ。

もっと速く英語が上達したいと思うなら、Memriseのアプリを今すぐダウンロードして、現地の人みたいに話してみない?本物のネイティブが、いろんな場面に合わせた単語やフレーズを口にしている音声や動画を使って、リアルな言語スキルを学べるよ。Memriseのコースは何より楽しくてハマっちゃうし、実社会を生き抜く、そして楽しむために必要な語学力を短期間で身につけられるんだ。

ぜひ試してみて。新しい言語を学ぶことから実際に話すことまで、想像以上に簡単にできるようになるよ。

今すぐ登録する

Web-LearnKorean-Header-B

Download a free worksheet

Download this free worksheet with all the phrases you need to talk about work in Spanish, French, German, Japanese, and Korean. You'll also get regular updates from us on the latest language learning tips.